2007年1月16日 (火)

『のだめカンタービレ・ ミュージックガイドブック 』

のだめと一緒に楽しめる一冊です, 2007/1/16

Book_nodame 楽しみながらまじめに作ってくれた感じがします。のだめに登場する音楽情報が楽しく詳しく解説されています。
出演者のインタビュー、ドラマのストーリー紹介などもあり、ドラマを思い出しつつ、クラシック音楽をより一層身近で楽しむための一冊です。のだめ達が演奏した主なクラシック曲の楽譜(ワーグナーは無いのが残念)に加え、本格的クラシック雑学(楽曲、楽器、オーケストラ、作曲家など)も掲載、のだめワールドがさらに広がります。
私のお気に入り記事は「桃ケ丘音楽大学学生、野田恵と千秋真一の学校生活案内」と巻末ピンナップ付ポスター付「クラシック・ライフ」特別記事です。

ヴァイオリンで弾こう! のだめカンタービレの世界 CD付 Book ヴァイオリンで弾こう! のだめカンタービレの世界 CD付

販売元:シンコーミュージック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フルートで吹こう! のだめカンタービレの世界 CD付 Book フルートで吹こう! のだめカンタービレの世界 CD付

販売元:シンコーミュージック
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (14) | トラックバック (3)

2007年1月14日 (日)

『2番目のキス』

☆ちょと幸せな気分になれる映画です☆, 2007/1/14

リンジーが球場に駆けつけるラストの盛り上がりが最高にハッピー。とっても幸せな気持ちになれて、大好きな人とずーっと一緒にいるための秘密が詰まったお気に入りの作品です。自分の大切なものを好きな人に理解しもらえたらほんとに嬉しいですよね。
実際のレッドソックスの映像をふんだんに使ってい迫力があります。優勝決めたシーンの裏側に本当に「ベンとリンジー」の物語があったかも知れないって思うほどの出来栄えでした。そして、ちょとスレンダー になったドリュー・バリモアもキュートで素敵です。

2番目のキス DVD 2番目のキス

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月12日 (金)

のだめアニメ☆Lesson1☆の感想です!!

ついに始まりました。アニメ版のだめカンタービレ
楽しみにしていたので、リアルでLesson1を観ましたよ。原作でいうLesson1-3までの内容でしたね。

し、しかし、ごみのだめ部屋がほんとうに汚くて・・ひきました^^;
あそこまで汚ないと・・愛は生まれないかも。ドラマ版のだめの部屋がかわいく思えます。千秋君はヴィジュアルで、玉木千秋が圧勝でした。玉木君がいかにカッコいいのか実感。それと樹里のだめのイメージが頭から離れなくて・・のだめの声に最後まで違和感が・・ギャボーンは原作を越えていたかも・・おそるべし上野樹里。でものだめの顔はアニメの方もなかなか可愛くって好印象です。

しかし、おなら体操がまた聞けた。「へいへいブーでたぁ」。ドラマと共通だぁ。。わーい。
・・・エンデングロールをみたら、なんと・・作曲:野田恵だぁ!!これって、、もしかしたらリアル野田恵さん??ですか? CD買います買います。ぜひ振り付けカード入りで販売して欲しい。。

あと原作と違って、ピアノソナタ「清掃」がやっぱりなかったぁ・・もしや出るかと結構期待していたので残念でした。かわりに「悲愴」になっちゃてましたね。でも、「甲子園の土」はしかっかり出てましたね。のだめ部屋もドラマと違って原作どおり左隣でしたね。ピアノの原曲がドラマより長く聞けてうれしい^^それとシャンプーやっぱり4日置きでした。

でもでも、のだめの服が可愛くない!!これはすごく悲しい。ドラマののだめちゃんが可愛過ぎたのでそう思うのかなぁ・・。色とデザインをもう少しつけてください。

でも一番残念だったのが・・ピアノを弾いてる感じがあまりしなかったこと。いったい何故??ドラマの方が弾いてる感じ躍動感があったかも。映像に動きがないし、カット割を漫画の原作にあわせすぎじゃんないのかなぁ。。。それと結構「文字で説明」しちゃってましね~ちょと残念でした。・・アニメと漫画の違いってなんだろ。

原作に忠実なのにあまり笑えなかった・・やはりドラマのインパクトが大きかったからかなぁ。あのドラマって。。もしやアニメを超えていたのかもw

次回は峰が登場して、もちょとにぎやかになりそうなので楽しみです。クリスタルKのエンデング曲もなかなか素敵です。

「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック Music 「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:TVサントラ
販売元:ERJ
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (13) | トラックバック (23)

2007年1月 9日 (火)

『天使』

雪のような優しさが積もっていきます・・, 2007/1/9

好きな映画です。深田恭子が無邪気で屈託のない天使をナチュラルに演じています。
台詞をなくしたことで空気感のある天使の存在が引き立っています。すごい使命がある訳でも なくどこか小動物的で思いつきで行動しててとっても不思議な存在です。物語の中に登場する 人物と天使の関わり方がそれぞれ違っていて面白かった。天使が見えてしかも空を飛んじゃう 女の子もいれば、ただそばにいるだけで心が和んでいく姉妹とか・・見えなくてもどこか影響を 受けていく。

特に好きなのが「天使のキッス」。KISSをされた人は、病気が治ったりとか直接的に救われることはなくて、気持ちの中にちょっと元気や優しさを注入するだけ。あとはゆっくり自分で気 がついて元気になっていく感じ。魔法使いのようなスーパーな天使ではありません。

天使を見ることが出来ないいじめられっ子の女の子が「今日はとっても調子がよくて・・まわりから何を言われても平気って日がある・・きっと天使さんがそばにいてくれるんだよ」という台詞が好きです。彼女が天使を見れない理由は見なくても感じることが出来るからなんですね、きっと。。疲れた時にゆっくり観たい優しい映画でした。

天使 スタンダード・エディション DVD 天使 スタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (40) | トラックバック (3)

2007年1月 5日 (金)

『ウルトラヴァイオレット』

ミラのビジュアルを観るならお勧めの作品, 2007/1/5

壊れた感じのミラ・ジョボビッチが理屈抜きでカッコいい。完璧な強さ、弾丸も見切ってしまう、殺されても生き返っちゃうし(さすがバンパイヤ・・)。原色に映えるスレンダーなミラのボディとアクションがすごい。ガン=カタシーンもそれなり満載で視覚で楽しむ映画になっていると思います。

重力を超越しちゃうVFX満載のオープニングのバトルよりも、少年を助けに行くラストでの白とワインレッドのミラがお気に入り。完璧な肉体美と内面の強さがある女優だとあらためて納得。図書室での紙ふぶきが東洋的でかっこいい。アクションで流血があまり目だたないのも好きです。一度死んだヴァイオレットが助かっていう台詞がなかなか素敵。   「I was there」やっと死ねたのに・・

ストーリはかなり難解というか無理多し。初号フィルムを評価しなかったスタジオが、監督の意図とは裏腹に再編集したとかの話もあるそうで、シーンに説明不足感があるのはその辺からくるのかも。BOSSの6番のクローンなので男の子の名前はシックス。ヴァイオレットが少年に自分の右手を指して母になれなかったと話します。実は右手が夫婦、左手が子供っていう故事から来てて、6番目は最初の子の意味があるみたい。次回はもっといいシナリオの映画で会いたいです。

ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション DVD ウルトラヴァイオレット デラックス・コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/01/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (6)

『THE DESCENT』

闇と光のバランスが良い上質なホラー映画, 2007/1/5

単なるホラーというよりも心理サスペンス的な面もあって結構楽しめました。深く狭い洞窟にあって限られた光量、微かに伝わる音を上手く使っています。流血や肉片も飛び散るのでスプラッター系になりそうなシーンも多いのですが、闇と光の上手いバランスでさほど辛く感じません。洞窟に進入する際の天井から差し込む青い光、脱出しようと出口向かって降り注ぐ白い光等、映像的にも美しいシーンが多いです。
洞窟で襲ってくる食肉人(地底人?)が適当に弱く女性でも戦えれば勝てる感じがするので、アクションも楽しめます。人間同士の殺し合いも最後にはありますが、恐怖やパニックで起こる範囲内の出来事として理解できます。ラストシーンも救いが無いようですが、個人的には納得させられました。最近見たホラー映画の中ではとっても質の良い作品です。

THE DESCENT DVD THE DESCENT

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/11/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

The Descent Music The Descent

アーティスト:Original Soundtrack
販売元:Cooking Vinyl
発売日:2006/07/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

『笑う大天使』

見方によっては面白い作品です^^, 2007/1/2

原作の面白さを知ってる人には不満が残る作品です。川原ワールドの持つ「ほわーっとした優しさ、さりげない幸福感、ニヤっとしちゃう笑い」はこの映画にはありません。悪い意味でなく、小田監督は原作の白と黒の点描の世界に、好きな塗り絵を施して色をつけたかったのでしょう。メルヘンっぽいイメージ先行で、『笑うミカエル』=VFXによる映像化しかない!と思って生まれた映画です。

映画としては面白かった。バーチャル表現を優先した『笑うミカエル』に真っ向から対決するかの様な上野樹里の演技。不思議なリアリティを持つ彼女の存在にこの映画は救われてます。オープニングからの史緒の関西弁。モノローグで進んでいく感じは心地良いです。出会い、留学話、ラストエピソードにかけての、兄への妹の切ない気持ちの変化の様は秀逸。猫かぶりしているのは「家族への思いやりであり、さりげない優しさ」であって、原作の持つ雰囲気をうまく醸し出しています。『おかーちゃんが生きていたらああやって怒ってくれたやろううか・・。』 何気ないシーンに、強く生きようとがんばってる反面、はかなく弱い面も持っている史緒の生の感情が伝わってきます。

メイキングの中のある会話。3人が爆発に巻き込まれて吹き飛ばされるシーンの撮影。『あ、爆発って。。どんなですか?炎はでます?熱い?』と必死に確認する上野樹里。撮影スタッフはそこまで考えておらず答えに困ってしまう。何もない現場で熱や風を感じようとする彼女の演技への姿勢に好感が持てます。VFXと役者の演技の対比、そういう観点でこの映画をみると面白いかも。

笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション DVD 笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月31日 (日)

のだめで終わる2006年でした

2006年もあと数分で終わりです。今年もいい一年でした。

そうそう「のだめカンタービレ」の最終回が終わって、しばらくボーっとしてました。完全燃焼って感じです。最終回の感動でずーっとお腹いっぱいで。。あと年末で仕事も締め切りととか迫って大変だったこともありますが。。

そんな中、28日に実際にサントリーホールに行ってきました。初体験です。東京交響楽団(都響じゃないのが残念)の第九を聴いてきました。ホールの音響は最高でした。もちろん演奏も合唱も最高でした。・・でもでもここでR☆Sオケのベト7聴きたかったなぁ。。
TVの画面でみるよりも観客席とオーケストラの位置は近いんです。のだめちゃんが座っていたP席の最前列から千秋の位置まではほんの目と鼻の先って感じでした。
千秋は真正面にのだめをみて指揮していたんですね^^v
それって本当にPhoto_1「彼女席」でしたよぉ。






ドラマのだめが終わって、ますますクラシック音楽に直接触れたい衝動に駆られてます。今もモーツァルトイヤーのTV番組観てるし、車で移動中のBGMもクラシックになってます。クラシックがカッコいいって思う様になってしまいました。

ぜひぜひ、のだめ2とか、のだめスペシャルの実現を夢見て、このページも続けて行きたいと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年12月25日 (月)

のだめと千秋と感動と涙と(Lesson11感想)

『今、のだめの最終回を観終わった。お腹いっぱいの幸せです。
最後のテロップが流れた所とか涙で見えなくなってしまった。
最高に楽しくて素敵で感動できる時間をありがとう。本当に充実した最終回でした。
今はただこのドラマに携わってくれたキャスト&スタッフそしてすべての人に感謝したい気持ちで一杯です。
寂しくもあるけどそれ以上に明日から頑張れる気がしています。
本当にありがとう。楽しい時間をありがとう。』

って、ドラマ終了後にフジTVのサイトに勢いで書き込みました。
本当に感動しちゃった。最終回よかったぁ。。。
今日の記事は勢いで書いてるから後で読むのが恥ずかしそう。

オープニングのクリスマスバージョンのタイトル観た時に鳥肌立ちました。マングースもサンタ衣装でかわいかった。最後の最後まで手を抜かないで作りきってくれたって感じ。ほんとにうれしいです。

福岡編。のだめと千秋のシーンが丁寧に描かれていて、すごく満足で充実しました。のだめファミリー最高です。のだめ母&父のヨーコ(宮崎美子)と辰男(岩松了)のキャスティング・・もう神業です。
完全にやられました。シュベルトをおばーちゃんに報告するシーン、干潟でのお父さんと千秋の会話。干潟で無邪気に遊ぶのだめ。そしてそして、後ろからのだめを抱きしめる千秋。

・・・ああ、これが観たかったんだっていう・・・この満足感。どう表現したらいいのかわからないけど。原作からドラマの世界に飛び出して来たみたい。初めて読んで感じた感動がパワーアップして蘇ります。最後までのだめの世界を大切にしてくれてうれしかった。

原作を一度も読んでない方はどう感じたんだろうか。
きっと感動してくれたに違いないですよね。ゆっくりでいいんで、いつか原作も読んでみて下さい。すごく楽しく読めると思います。

最後のベト7へ続くストーリも十分に満足でした。
千秋がいて、峰がいて、清良がいて、真澄がいて、みんながいて。
のだめもしっかり輪の中心にいました。

そして始まった大団円。サントリーホールに全然負けてませんよ。
清良のカルメンも頑張ってました。さくらちゃんもクロキンも上手だった。峯君も素敵。そして。。千秋、懇親の涙の指揮・・魅せてもらいました。R☆Sオーケストラのみんな、ほんとかっこいいよ。
最後のブラボー!峰パパやりました。えらいぞ。

あ~、『のだめカンタービレ』終わっちゃたんですね。やっと実感が沸いてきた。

本当にキャスト&スタッフの皆さんに感謝です。
本気で音楽に向き合って、のだめ達を作ってくれて・・いいドラマをありがとう。ぜひぜひ。。この夢の続きを見せてください。
この勢いがあれば、『パリ編』余裕で行けます!あ、ほんとに観たいなぁ。予算がなければのだめ募金しますし、スペシャルドラマのネタもありますので。のだめは終わっちゃたけど、みんなで盛り上げていきましょう。

こちらの記事もヨロシクお願いします^^;
「永遠に輝け!R☆Sオーケストラの星たちへ」

今回はこの辺で。

| | コメント (90) | トラックバック (36)

2006年12月24日 (日)

スペシャルドラマ原案作ってみました

「永遠に輝け!R☆Sオーケストラの星たちへ」

主役は峰くん。海外に留学していた黒木君や菊池君が一時日本に戻ることになり、R☆Sオーケストラの懐かしいメンバーを集めて同窓会コンサートを開くことになります。でも峰が一番逢いたい清良からは連絡がありません。それと、二つのオケを掛持ちする真澄ちゃんや松田さんがオケの練習を休むことも増えてきて・・。相変わらず峰はそんなR☆Sオケの将来が心配なのです。

オケの練習の帰り道、突然サクラが「Sオケ時代から好きだった」と峰に想いを打ち明けます。複雑な思いの峰。清良の顔が思い浮かびます。でも今は悩んだり落ち込んでいる暇はありません。今回の演目の一つがバッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調」。コンマス高橋と峰の競演です。プロとアマの境界線で現実の問題に悩むメンバー達(萌&薫や木村君)をはげましながらも、峰は初の挑戦に練習を重ねます。

ところがオケに大事件が発生。高橋君が松田に相手にされないからと芸能界にデビューすると言って突然と音信不通になってしまうのです。すべもなく困惑する峰。動揺するオケのメンバー達。そんな息子を暖かく見守る峰パパ。「がんばれ龍太郎ラーメン」等の新メニューも登場し、・・・とそこへ、裏軒にヨーロッパからの一本のコレクトコールが・・。英語の分からない親父に代わって電話にでる峰、「清良か・・」と思わず声が出ます。

『麻婆ハンバーグのレシピFAXで送ってくださーぃ。』
それはのだめからの電話。千秋のパリでのデビューコンサートが近づき、裏軒メニューで精をつけさせようというのだめの作戦です。日本でのR☆Sオーケストラのことやメンバーの様子など、峰はコレクトコールで料金が裏軒持ちであることも忘れ、のだめに話を聞いてもらうのでした。

それから数日経って、いよいよR☆Sオーケストラのコンサートが迫って来ました。いつもの練習ホール。峰はそこで聴き慣れた音色に驚きます。それは成田から練習ホールへ駆けつけた清良の奏でるバッハの協奏曲でした。「龍ゴメン、あたし・・」ウィーンで思うように成果の出ない清良は千秋のデビューコンサートを聴こうとパリを訪れたのでした。そしてのだめ経由で峰とR☆Sオーケストラの話を聞いたのです。
「よーし。今日から徹夜であわせるぞ。」と優しく笑う峰。「龍..」あふれる清良の涙。そして峰は千秋からの伝言を聞きます。
『どこにいても僕たちは音楽で繋がっている。峰もがんばれ。』

R☆Sオーケストラのコンサート初日。峰と清良の「2つのヴァイオリンのための協奏曲」に会場は拍手の嵐です。R☆Sオーケストラの公演会は大成功のうちに終わりました。そしてパリではまさに千秋のデビューコンサートが始まろうとしています。『ラベルのラ・メール・ロア』『シベリウス交響曲第2番』。R☆Sオケから千秋とのだめの音楽へ続いていくのです。

その翌日。日本の裏軒。峰親子の声が店内で響きます。
  「千秋真一デビュー丼!」 「ブロマイド付き☆」 「桃が丘生徒は2%OFF」

そして再びパリ。千秋のアパートメント。のだめと千秋の二人の元へ大量のFAXが届きます。
 「ふぉー すごーい R☆Sのみんなからファクス・・」
 「一文字一文字おくるなぁ」

 『デ』『ビュー』『お』『め』『で』『と』『う』『!』『千』『秋』『様』

(完)

前回の「主役は峰くんで、その後のR☆Sオケのメンバーの様子や清良との遠距離恋愛。あとは12巻前後の原作とどう絡めるかとか・・ちょっと考えて見たいと思います」を踏まえてあらすじ(プロット)を考えて見ました。ものすごいラフなので恥ずかしいですが。。
原作を読んでいない方は最後の「裏軒と全員FAX」のところがわかりにくいかも知れませんね。コミックス12巻に千秋のパリのデビュー公演のあとでR☆SメンバーからFAXが一枚一枚送られてくる挿しページがあるんです。

あと、いろいろコメント頂けると嬉しいです。
わからないことが多くて^^;

・黒木君のいいエピソードないでしょうか?それと 原作では、既にフランスへ渡って、千秋のデビュー公演は観にいってるはず。

・バッハの「2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調」って、オケとかで演奏される曲なんでしょうか?他に、峰と清良の演奏にぴったりの協奏曲ってないのかなぁ。クラシック詳しくなくて。。

・12巻まで話が進まないとこのエピソードも放映できないんじゃないか(元々そんな心配は不要なんですけが、、)。原作FANでない方もわかり易いエピソードがよいのか。

とか、まだまだ勉強不足ですので、いろいろなアドバイスお待ちしています。よろしくお願いします。どんなコメントでも構いませんので。。

yahoo知恵袋の関連の記事も回答が増えてきました^^v 

のだめのスペシャルドラマをサブキャラで作るとしたら?誰がいい

よかったらこちらにもよかたら書き込みをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

«のだめのサブキャラでドラマ作るなら・・